安物には手を出すな!初心者のトランペット購入法

入門者向けの安価な製品には要注意!

「安物買いの銭失い」という言葉をご存知でしょうか? 実はトランペットもその例外ではありません。早く自分の楽器が欲しいという気持は分かりますが、それでも3万円未満で買えるような、入門者向けの製品には手を出さない方が賢明です。理由は簡単です。作り方が安直ですから、気密性もピストンの操作性も不十分。音程自体が悪い場合も少なくはないからです。せっかく購入したとはいえ、そういったトランペットに、はたして愛着を感じることができるでしょうか。

実際に楽器店に行って吹いてみよう!

これからずっと、大切な趣味のひとつとしてトランペットと付き合いたいというのであれば、初心者であっても、やはり20万円程度の製品を買いたいものです。このあたりのトランペットとなるとプロの方でも使っていたりしますので、どのメーカーの製品であっても安心して購入できますし、愛着もわいて練習にも熱心に取り組めるというものです。とは言え、「まだそこまでの覚悟はない」、あるいは「そもそも資金的に無理」ということであれば、真っ当に作られた入門モデルの製品ということで、5万円~10万円の価格帯のものをオススメします。高価格なプロ仕様のトランペットとは違い、個性と言えるほどのものはありませんが、それでも各製品には、「明るくて軽い音」や「柔らかくて落ち着いた音」といったような、メーカーごとの特徴が具わっています。その意味でまずは楽器店に足を運び、実際に吹いてみることが大切です。手にした時の重量感や質感はもとより、音色や吹奏感の違いといったものも十分に感じられるはずです。安い買物ではないのですから、安易な妥協などせず、納得の行くまでしっかりと試奏させてもらいましょう。

トランペットは木管楽器です。管長による分類やバルブの構造による分類がなされています。中には管長が3m程度の物も存在しています。