Nゲージ派?それともHOゲージ派?気になる鉄道模型の規格

HOゲージのサイズと特徴

鉄道模型には幾つかの規格があるのをご存知でしょうか。HOゲージは海外で人気を持つ規格の一つだと言われていますが、その理由はHOゲージのスケールは76分の1から87.1分の1と言う縮尺率であり、より現物の鉄道車両に近いサイズであると同時に、部屋の中でジオラマを作って楽しめるからです。鉄道模型には、車両を走らせて楽しむと言う魅力がありますが、日本の住宅事情を考えた場合、HOゲージでは少々サイズが大きいと言う事からも、HOゲージよりもサイズが小さいNゲージを集めている人が多くいます。しかし、NゲージとHOゲージを比較した場合、作りがより精密になるのはHOゲージで、コンパクトと言うメリットがあっても、HOゲージを選ぶ日本人も多くいますし、日本の鉄道模型メーカーの中にはHOゲージを専門に製造販売している会社もあります。スケールが大きいので、車両の中も座席や照明などが再現されていたり、寝台車などの客車の場合には、個室寝台、2段式、3段式と言った具合に、本物志向を求める人々からの注目を集めています。

Nゲージなら狭い部屋でも楽しめる

鉄道模型は大人が楽しむコレクション品と言っても良いのではないでしょうか。その理由は、鉄道模型の中には1車両数万円から10万円前後の金額で販売が行われているものもあり、中々子供のお小遣いで買える模型ではないからです。自宅の中に自分の部屋を持つお父さんの中には、鉄道模型で休日の時間を楽しむ人も多いかと思われますが、日本の住宅事情からすると、HOゲージよりもNゲージを集める人の方が多いと言います。

鉄道模型の買取とは、不要な鉄道の模型を買取専門業者へ持ち込むと無料査定してくれます。査定額に納得したら、契約成立です。