車検はどこでできる?選び方のポイントは?

2年に一度必ず必要なもの

車検は新車の場合には3年目、それ以降は2年に一度必ず行わなければいけないものです。その車が公道を走っても問題ないかどうかのチェックを行うためのもので、車検を通らなければ公道を走ることは出来なくなってしまいます。また、車検を受けていない車で公道を走ると、罰則が与えられます。

車検を受けることができる場所はいくつかありますが、その場所と特徴を理解しておきましょう。

車検を受けられる場所とその特徴って?

新車を購入した場合に一番最初に思いつくのが、車を購入したディーラーではないでしょうか。純正の部品を使って交換してくれたり、次の車検まで安全なように点検を行ってくれます。デメリットとしては費用が高くなってしまうという点です。

もっと費用を安くしたいという場合には、町の修理工場やガソリンスタンド、車検専門店を利用するという方法があります。ディーラーよりも数万円安いということはざらで、車検自体も早く終わります。これは「車検に通ればOK」という方法を取っているためで、極端な話をすると車検には通るけど、その他のチェックはしない、ということになります。車検に通るために必要なブレーキパッドの厚さがあるから車検は通るけど、このまま次の車検までは乗ることができない、というような状態になっていることがありますので、注意が必要です。

最も費用が安いのが、自分で車検を通す方法です。検査場に車を持ち込み車検を行うもので、人件費などがかからない分安くなります。しかし車に対する知識がなければ、万が一不合格の時に対処が出来なくなってしまうでしょう。

車検は、所有している車の点検を行うことです。日本の法律でも行うことが定められており、自動車が安全に動作するかをチェックすることが目的です。