車を持っているなら最低限知っておきたい車検の知識

車検を受けないとどうなるか

自動車を所有している人であれば、車検を受けなければならないことはよく知っているはずです。ですが、もし車検を受けなかった場合はどのようになるかまで知っている人は少ないでしょう。

車検は、必ず受けるように決まっていますが、うっかりして車検の期間を逃してしまうこともあるかもしれません。この場合には、まず免許の点数が6点引かれてしまいます。車検を受けないということは当然自賠責保険も加入していない状態で道を走っているわけですので、警察に見つかれば原点は免れないでしょう。また罰金も50万円以下になっています。そのため、うっかり見過ごさないように注意をする必要があります。

ただし、公道を走っていなければ問題ありません。例えば、広い敷地内で車を動かす場合はわざわざ警察がやってきて、切符を切られるようなことはないでしょう。

仮のナンバープレートを取得する

車検切れの状態で車検場に行く場合、まず絶対にやってはいけないのは、車検が切れた状態で公道を走ることです。もし公道を走るのであれば、仮ナンバープレートを陸運局で取得しなければなりません。仮ナンバープレートを付けて公道を走る分には問題ありませんが、注意をしなければならないのは、仮ナンバープレートは期限が1日から3日と非常に短いのことです。また、公道を走る場合にはどこの道路を走るかを明確にしないといけません。それを明確にすることで初めて仮のナンバープレートを取得することが可能になります。

ナンバープレートを取得できたらあとは車検場まで車を持って行きます。

車検の費用には、自賠責保険料、重量税、印紙代の法定費用と、点検整備費検査代、検査手数料などの車検整備費用がかかります。法定費用はどこでも同じ金額ですが、車検整備費用は車検を受ける場所により違います。