車検を受ける前にどのような場所で受ける事が可能か知っておこう!

車検とは何でしょうか

車検は法律で定期的に受ける事が決められている検査です。車検は自動車ディーラーや国の車検場で受ける事ができ、それぞれに特徴があります。

ディーラーだと高いけど確実だし、サービスも良い。

車の設備と言えば自動車ディーラーを想像する人が多いと思います。自動車ディーラーでは車検をしてから車の修理を行うます。自動車ディーラーの車検整備の特徴ですが、国家資格を所持したスタッフが整備します。さらに使用する部品も自動車ディーラーが製造した高品質な部品を利用するので安心して任せる事ができます。

自動車ディーラーでは傘下にカー用品を所持している場合があり、そちらの割引券をプレゼントしたりエンジンオイルの無料交換券がプレゼントされる場合もあります。

このようなメリットがある一方で、費用が多少高いというデメリットもあります。

ガソリンスタンドでもOK

街中にあるガソリンスタンドでも車検整備が可能です。ガソリンスタンドでの車検整備だと、必須事項以外の整備内容だと選ぶ事ができます。そのため自動車ディーラーでの車検整備よりは安い傾向があります。しかし自動車ディーラーでの車検整備とは違い、車検整備の必須事項以外は自分で選ぶので整備していない内容に関しては、整備士のアドバイスを聞く必要があります。

ユーザー車検は安いけど、勉強が必要。

一番安いのは国の車検場に持ち込む方法です。こちらだと法定費用と自賠責保険以外は支払う必要はないです。しかし、必須事項以外はアドバイスすらもらう事は出来ないので、こちらの方法で車検する場合には、日頃から車の構造を勉強する必要があります。

車検が切れた時は焦らず業者を検索して取りに来てもらうのが一番得策だと思います。車両が使えない状況ですので速やかに業者に引取りに来てもらい対処することが大事です。